>  > ヘッドライト 11-16 F250 Xlt Chrome High Stop Lamp Foglights Tail Lights Matte Black Headlamps 11-16 F250 Xltクロームハイストップランプフォグライトテールライトマットブラックヘッドランプ
TOYOTIRES トーヨー プロクセス T1 スポーツ SUV PROXES サマータイヤ 225/55R19 RAYS GRAM LIGHTS 57Transcend 19 X 8 +45 5穴 114.3【送料無料】 205/45R17 17インチ WEDS ウェッズ クレンツェ アクエルド 6.5J 6.50-17 MICHELIN ミシュラン パイロット スポーツ3 サマータイヤ ホイール4本セット
【SSR】 EXECUTOR EX02 (エグゼキューター EX02) 20インチ 11.0J PCD:120 穴数:5 inset:28 フラットブラック [ホイール1本単位] [H]
コンチネンタル ComfortContact TM CC6 215/65R16 WEDS ウェッズ ヴェルヴァ SPORT(スポルト) ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +47 5穴 100


●出演依頼・お問合せ・感想・ご意見は
 コチラから

●ライブのご予約は コチラから

ヘッドライト 11-16 F250 Xlt Chrome High Stop Lamp Foglights Tail Lights Matte Black Headlamps 11-16 F250 Xltクロームハイストップランプフォグライトテールライトマットブラックヘッドランプ

ヘッドライト 【ベーシックシリーズ/シンプル/パンチング/PVC/抗菌加工】 11-16 F250 Xlt ブレーキローター Chrome High Stop Lamp Foglights Tail Lights Matte Black Headlamps 11-16 F250 Xltクロームハイストップランプフォグライトテールライトマットブラックヘッドランプ


私が幼かった70年代初期。
コンビニが無かった。
ファミレスが無かった。
キャッシュサービスが無かった。
レンタルビデオが無かった。
ドンキホーテが無かった。
PCが無かった。
TVゲームが無かった。
携帯電話が無かった。
メールが無かった。

大晦日迄に色々な準備に追われた。
元旦になれば街中が眠ってしまうから。
新年を迎えこの時ばかりは一家団欒。
こたつで雑煮、おせち 。
私の大好きな栗きんとん。
大人達は酔っぱらい、子供達ははしゃいだ。
かるた、凧上げ、独楽、夜はテレビ。
しまいにゃ飽きて来る。
だがしかし他にやる事が無い。
それが正月だった 22インチLexani Matisse(マティッセ ) 22×9.0J フルグロスブラックハリアー(30系/60系)、レクサス NX200t、CX-5、シエナ など 特選輸入タイヤタイヤ 265/30R22 新品タイヤホイールセット4本価格。

二〇〇七年。
正月気分なんてモノは何処にも見当たらない。
大晦日から元旦になっても、暮らしは何一つ変わらない。
”歳末大売り出し”が”新春大売り出し”に変わるくらいだ。
不便なんて何処にも見当たらない。

さて、特に関係無いのだが、
今年私は自分の歌唱表現に
更なる”抑揚”をつけたいと思う。
呆れる程に。嫌と言う程に。
覚悟したまえ。

Xlt High Lamp ヘッドライト F250 Xlt Xltクロームハイストップランプフォグライトテールライトマットブラックヘッドランプ Black Stop Headlamps Lights 11-16 Tail Matte ヘッドライト Foglights Chrome F250 11-16

其の六拾壱 ~見返り美人~


師走。
誰もが後ろを振り返る季節。
二〇〇六年、あなたは”見返り美人”に成り得たであろうか。

私は毎年この時期になると、
後悔の念を抱き、そしてひとつひとつを諦めるようにしている。
多くを求めて、潔く諦める~これが私の信念だ。
嗚呼、無駄ばかりの人生だ。無駄むだムダ。

二〇〇六年は区切りの年であった。
所属事務所からの離脱。
ガレージシャンソンショーの活動休止。
時折こんな一年がやって来る。

区切り をつけた後には、
よだれで枕を湿らすような虚無な季節が訪れる。
もぬけの殻、ナマケモノの本領発揮。
駄目人間が人生を棒に振るってヤツさ。

だがしかし、四十にして惑わず、
今の私は唄いたくて仕方が無い。
他にやる事など無い。
よりシンプルに、より赤裸々に、
余分なモノを排除して”唄うたい”を全うする。
二〇〇七年、自分にどんな唄がうたえるのか、
愉しみでしょうが無いんだ。
柄じゃ無いのだが…。

皆様、良いお年を。
御機嫌よう。

其の六拾 ~とんちゃん~


神無月、弾き語り巡業に行って来た。
名古屋・米子・京都・大阪と四夜連続公演。
当日に車移動→会場入り→リハ→本番→就寝の繰り返し。
連日の長距離移動、しかも渋滞多し、”車内”が生活の大半を占める。
高速道路上はある意味非現実的と言える。
そこが北なのか南なのか、西なのか東なのか、段々と分からなくなって来るのだ。

そんな私にとっての憩いの場、サービスエリア。
好きです…サービスエリア。

旅公演における食事はSAに請う所が大きい KYB(カヤバ) New SR SPECIAL リア[L] プリウス(NHW20) Sツーリングセレクション、Gツーリングセレクション NSF9160。
今回の旅で私が食したメニュー。
チャーシューメン、カツカレー、生姜焼き、トンカツ、豚の角煮、肉うどん、…等々。
はっ!?
これじゃまるで”豚野郎”じゃんか!
むむぅ、気付かなかったぜ…。
極め付けは、戻り日に桂川SAで食べたとんちゃん定食。
豚肉の天ぷら、豚キムチ炒め、豚汁、と豚尽くし。
ごちそうさま、おいしかったぜ!

私が”とんちゃん”と化す日も近い。
御機嫌よう。ぶうぶう。

其の伍拾九 ~厄落とし~


地下鉄を降りたらバックのポケットが半開きになっていた。
嫌な予感…案の定財布が失くなっていた。
現金の他に免許証、保険証、クレジットカード、キャッ シュカード、
会員証…諸々が入っていた。いやあ、困った。
すぐさま駅の紛失物窓口に届け出た。
かなりずさんな担当職員の対応に呆れた。ちなみに銀座 駅。
二日後財布が見つかったとの連絡が入った。
駅からではなく大丸デパートからであった。
八階の男子トイレのゴミ箱に捨ててあったとの事。
私の電話番号が分かる紙切れが入っていた為、
わざわざ御丁寧にも連絡して下さったのだ。
おまけに見つかった財布を郵送してくれた。
素晴らしい!大丸百貨店。今度買い物に行くぜ!
失くなったモノは現金のみで、
免許証その他諸々は全てが手付かず、不幸中の幸いであ る。
現金に関しては一円残らず、大入り袋の中の五円玉まで が抜かれており、
その五円玉に結ばれていた赤い糸と、
大入り袋はキチンと折り畳まれて残されていた。
気持ち悪い…。ゾッとしたぜ。
きっとこれは一種の厄落としであろう。
そう言えば厄年だったんです、私。
翌週川崎大師に出向いた。
これにて厄除け完了。めでたしめでたし。

其の伍拾八 ~3点セット~


夏休み。
西伊豆へ出かけるのが山田家の恒例行事だった。
岩地海岸という素晴らしい浜で、
小学生の私は日がな一日中泳いだ。
こう見えても泳ぐのが得意だったのだ。

水中メガネを手に入れた時、世界が広がった。


海中の景色を隈無く眺める事が可能になったのだ POTENZA Adrenalin RE003 245/40R19 BRIDGESTONE/ブリヂストン 夏用 新品 19インチ スポーツ系 ラジアル タイヤ ホイール セット ENKEI PerformanceLine PF07 19×8.5J+32or42 5/114.3。

シュノーケルを手に入れた時、世界が更に広がった。
息継ぎの心配をせずに、ずっと海中の景色に没頭する事が可能になったのだ。

足ひれを手に入れた時、私の世界は更に広がった。
より早く、より遠くへ、より容易く移動する事が可能になったのだ。

3点セットを身に着けた私は”世界のはずれ”で無敵だった。
何一つ怯える事無く、 足がまるで届かない沖まで、どんどん泳いで行った。
ワクワクしながら。そのまま外国迄も渡って行けそうな位に。

ギターとアンプとマイクの3点セットを手にした今の私は、
あの頃の自分が少しだけ羨ましい。

其の伍拾七 ~雨音~


雨は止みそうに無い
私の気持ちは晴れそうにない

靴を磨き
燭台の蝋燭の燃えかすを掃除して
ギターの弦を張り替えた

流れた時間の多さに頷き
優しいフリをして
カレンダーに印をつけた

エディットピアフの唄声が
雨音に溶けてゆく

ギターケースの中では
愛猫MARIEが寝息をたてている

雨は止みそうに無い
私の気持ちは晴れそうにない

このまま何もかもが
雨に打たれてりゃいい

【送料無料】KYB (カヤバ) NEW SR SPECIAL リア左右セット NSG4179A*2本 トヨタ クラウン JZS131 1987/09~1995/12 KYB [自動車 サスペンション ]其の伍拾六 ~蔵~


私の実家は横浜本牧。
昭和初期に建てられた蔦の絡まる古い洋館であった。
ツェッペリンの『フィジカルグラフィティ』のジャケッ ト宛ら。
少年時代の私にとってちょっと自慢の家であった。
老朽の為、二年程前に取り壊された時は切なかった なぁ…。
そしてそんな洋館の隣には大きな”蔵”があった。
こちらは相反して純和風。日本の文化である。
現在その”蔵”だけが残されている。
幼い頃、悪さをするとこの”蔵”に閉じ込められたもの だ。
重い扉。金網で被われた窓。黴臭い匂い。裸電球。
むむぅ、江戸川乱歩の世界…。
恐怖だった。泣叫んでも届かない。何の音も聞こえな い。
お尻を叩かれるよりも、お説教されるよりも、
何よりも”蔵”に閉じ込められる事が最大の恐怖であっ た。
先週久し振りに実家に帰った。
”蔵”はかなり朽ち果てて来ており、ある意味凄みを増していた。
一度、いつまでも出してくれない親父の目を盗み、
おばあちゃんがこっそりと助けてくれた事があったっ け。
その夜はおばあちゃんと一緒に寝た。
母とは違う暖かさがあった。
そんな事をふと思い出した。

其の伍拾伍 ~駅前交番の旦那~


5・6年前まで、私は港北ニュータウンという街に暮らしていた。
最寄りの駅は横浜市営地下鉄の仲町台駅。
その駅前交番の警官がどうにもならなかった。
その日私は銀行のキャッシュサービスを利用する為、
駅前ロータリーに車を停車、2、3分で戻った。
するとワイパーには出頭を命ずる用紙が。
あちゃ~、 確かに駐車違反ではある。交番に行ってみた。
「すみません、お金を卸しに一時的に車を停めてしまいました。」
「おたくねえ、もう40分以上停めているんだよ。」
「いやいや御冗談を。ほんの2、3分だったんですが…。」
「嘘をつくな!切符は切るから。」
警官は切符を切り始めた。
「ちょっと待って下さいな。確かに非は認めますが、
40分は言い過ぎですよ、旦那。」
「今日は駅前の違反車を全部取り締まってるんだよ。
どの車もチョーク引いてチェックしてあるから間違いないんだ。
嘘ついたってわかるんだよ!何ならお宅の車一緒に見に行こうか。」
「嘘はついていないので一緒に確認しましょう。」
勿論私の車はチョークなど引かれていなかった。
私は言った。「嘘言わないで下さいな。」
旦那は言った。「私だって嘘をついた訳じゃないんだ!」
…意味分からん…。
翌週駅前で財布を落としてしまった。
気が進まなかったが交番へ届けに行った AP サイドバイザー AP-WVR-D20 入数:1セット(4枚) ダッジ イントレピッド 1998年~2004年。
ところが警官の姿はない。いくら待てども戻ってこない。
仕方がないので交番の電話から近くの署へ連絡してみた。
すると
「ああ、仲町台駅前ね。自転車あるでしょう。
きっとね奥で寝てるからドアを叩いてみてもらえませんか。」
ドン!ドン!ドン!するとどうでしょう。
奥の部屋から寝ぼけ眼の不機嫌そうな例の旦那が御登場。
「ん~、何ィ財布落としたァ。」
面倒臭そうに欠伸しながら紛失届けの書類を製作して下さった。
財布は絶対に出て来ないであろうと悟った。
当時神奈川県警は諸々の不祥事で世論から叩かれていたにも関わらず。
旦那は国家権力を持っているのだ。くわばらくわばら。

其の伍拾四 ~王様と乞食~


舞台に立つ。
お客様を前に自分が紡いだ言葉を自分が描いた旋律で唄う。
何と傲慢で恥知らずなな振る舞いであろうか。
だが今の所、他にやるべき事など見当たらないのだ、私には。
全ては私に還って来る。
私は王様になったり乞食になったりする。

この春から所謂マネージメントをも己が賄う事態となった。
ただ唄っていれば良いのだ、などと悠長な事は言っておられぬ。
占い師が場所取りをする様に、
唄うたいも舞台を確保せねばならない。
そして時期を見て作品をまとめ記録し出版したい。
全ては己の所為、自分次第。
私は王様になったり乞食になったりする。

幸いな事に私の廻りには何人かの王様がいる。
幸いな事に私の廻りには何人かの乞食がいる。
互いが互いを尊敬し、時に軽蔑する。
鏡を覗き込む様に。

今夜、私は唄っていて良かったと心底思う。

其の伍拾参 ~もれなくおまけがついてきます~


新しいマイクを購入した。
ゼンハイザーのe-945というモデルで、これがホントに素晴らしい。
私の声との相性バッチリ。
先日公演で使おうと持参したのだが、
その小屋のマイクホルダーには入らなかった。
どうやら一般的なサイズよりも太いらしい。
結局3800円の大径のマイクホルダーを買う羽目になった。

ギターのピックアップを交換した。
ギブソンP94。色はクリーム。
う~んウォーム…甘い音。いかすぜ。
だがしかしピックガードの色は黒。
ちぐはぐ。合ってない。
クリームのピックガードを探せど、市販品では見つからず、
結局18000円でオーダーメイドする羽目になった。

携帯を機種変した。
あまりにシンプルなルックスだったので
ドラゴンのシールを貼ってみた。
ロックな感じを狙ったのだが
はからずもヤンキーになっちゃった…。
結局2000円であれこれいろんなシールを買う羽目になった。

久し振りに読みたくなって
手塚治『火の鳥』復活編を一冊買った。
感動の嵐。
結局10000円で全巻買う羽目になった。

その女の子を遊びに誘うと、必ずトモダチがくっついて来た。
ゴハンを御馳走する時も倍かかった…。
そんな事もあったっけ。

いろんなものがついてくる。
おまけは何だろな。
面倒臭いけれど満更じゃない。
私の性分である。

18インチシルビアS15系 ターボ車HOT STUFF クロススピード プレミアムRS-10 ピアノブラック/サイドマシニング 8.0Jx18ディレッツァ DZ102 225/40R18其の伍拾弐 ~欲望という名の汽車~


睦月下旬から如月にかけて独り舞台<弾き語り>の旅に行って来た。
基本的に私は一人で何かをする事が大好き。
いくらでも自由でいられるが故、しっかりケジメをつけなさい、という事になる。
ソロという表現方法はある意味もっともストイックなものである。
私は一人で淫欲にふけ、邪欲に迷うのだ。

ガレージシャンソンショー<デュオ>では曲作りに励みたい。
互いに安堵し、互いに刺激し合う。馴れ馴れしくも余所余所しい。
常に風は吹いていなければならぬ。
愛欲に溺れながらも貪欲でいたい。

泥沼楽団<バンド>は録音作業中。
スタジオという密室では、奏でる音のみならず、
各々の立ち振るまいがその人その人の”業”というものを露にしててしまう。
それを乗り越えてこそ”腐れ縁”と成り得る。嗚呼、素晴らしき泥沼よ…。
仲間達と食欲旺盛に強欲を貪りたい。

表現者としての私の汽車を走らせるのは”欲望”に他ならない。

其の伍拾壱 ~恋のチカラ~


幼稚園の頃、私は歩道橋が怖かった。
親父が私を抱きかかえようものならさぁ大変。
小便チビリ。
嘘じゃなく私は四つん這いで歩道橋を渡っていた。

小学生の頃、私はエスカレーターが怖かった。
昇りは何とかなったのだが下りはどうしても無理だった。
百貨店に行った時は遠回りしてでもエレベーターか階段を使っていた。

中学生の頃、好きな女の子と遊園地へ行った。
二人でジェットコースターに乗った。
胸がときめいた。
恋のチカラが一時的に私の高所恐怖症を眠らせてくれたのだ 住友スリーエム製 アイアールカット フィルム T085-01M フロント トヨタ プロナード MCX20 2000年02月~。

今年の正月、森美術館へ出かけた。
初めての六本木ヒルズ。
仕事がらみの綺麗なおねいさんと一緒であった。
美術館は53F。
帰りに52Fの展望台へ立ち寄った。
広がる360°の夜景。
恥ずかしい事に私は壁から離れる事が出来なかった。
おねいさんは窓際ではしゃいでいた。
恋のチカラもよこしまな大人には効果がない事を知った。
手のひらと足の裏に汗をかきながら。

ヘッドライト 11-16 F250 Xlt Chrome High Stop Lamp Foglights Tail Lights Matte Black Headlamps 11-16 F250 Xltクロームハイストップランプフォグライトテールライトマットブラックヘッドランプ

 

 

Copyright ©ヘッドライト 11-16 F250 Xlt Chrome High Stop Lamp Foglights Tail Lights Matte Black Headlamps 11-16 F250 Xltクロームハイストップランプフォグライトテールライトマットブラックヘッドランプ All Rights Reserved.©Koshi Yamada All rights reserved.

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-79253