ビームス(BEAMS)SS300カーボン マフラー アドレスV 125 S[B321-08-000]


 >  > ビームス(BEAMS)SS300カーボン マフラー アドレスV 125 S[B321-08-000]

皿ケ嶺(平成29年 3月10日)

LXモード アリスト 160系 カラードライセンスプレートフレーム 塗装済 LX-MODE        18インチジュークF15系WEDS レオニス NAVIA 05 ブラックミラーカット/ブラッククリア 7.0Jx18エナセーブ RV504 225/45R18        ズーム ダウンフォース 1台分 ダウンサス ミライース LA300S ZDA036001SDF 取付セット アライメント込 Zoom ダウンスプリング バネ ローダウン コイルスプリング【店頭受取対応商品】 ロードコメット スモークスクリーン 未塗装(黒ゲルコート) 通常スクリーン CHIC DESIGN(シックデザイン) CB1300SF(98~02年) ビームス(BEAMS)SS300チタン マフラー エストレア Fi 07~[B409-09-000] 【国内生産】ベーシック フロアマットスバル インプレッサ・スポーツ/G4(H23.11~)GP2/3/6/7 GJ2/3/6/7 2WD/AWD共通 車用 車種別設計 抗菌 防臭 防ダニ加工02P05Nov16 【モンロー】ボンネットダンパー 【マックスリフト】 ボンネット用 (1本) MERCEDES BENZ Eクラス W210/S210 ホームページヘ

 

いつものブナの木をパチリ。 竜神平の様子、いい天気です。
 一昨日、昨日と石鎚山系は降雪のようだった。春が近づいても寒波が来ればドサッ!っと雪が。 松山方面から見る皿ケ嶺山系も白くなっていたので
気になるので行ってみることにする。 今冬最後の雪見山歩かな? いつもの風穴登山口に向かう エンドレス SSY リア左右セット ブレーキパッド イスト NCP61 EP381 ENDLESS ブレーキパット【店頭受取対応商品】 。 山里から樹林帯の道路になると路面には雪が現

アドレスV ビームス(BEAMS)SS300カーボン S[B321-08-000] マフラー ビームス(BEAMS)SS300カーボン マフラー 125

れてくる。上がるにつれて雪は多くなる、予想外に雪が降ったようだ。 風穴下の駐車場へ8:53着、気温はプラス2℃。暖かい朝である [ZOOM]VB23 BMW 323i(E90)用ダウンサス。 

ビームス(BEAMS)SS300カーボン φ40 マフラー メルセデス・ベンツ アドレスV 125 S[B321-08-000]

積雪は約20Cmくらい。まだ車は他に停まっていないが、昨日雪遊びに来たであろうと思われる轍の後が沢山ある。雪上ターンなどを繰り返したのであ
ろう雪面はガタガタ!    準備をして9:20登り始める。
  
 柔らかい雪なのでアイゼンは必要ないであろう、と思ったがアイゼンを付けていれば足のムダな力が省けるので装着する事にする。
もうアイゼンを付ける山登りは無いかも、と思っていたが・・・。 雪道をゆっくりと登って行く。 今朝はまだ誰も登ってい無いようだ。昨日の数名
の足跡が続いている。 新雪の雪はタップリなのだが、今朝な霧氷が全然ないのが残念だ。昨日松山から見た時は霧氷もあるかな、と予想したけど ヤマハ純正 リヤマスターシリンダーASSY 3XP-2583V-00 HD店。
途中何度も立ち止まり休憩をしながらのんびりと登って行く。 坂の上のベンチに10:23着、やはり風は冷たい。 少し休憩後歩き始める。
  
今日は青空がよく見えるので気持ちいい。今回も竜神平の入口から十字峠方面へ進む。こちらは足跡も1,2名分くらい。 この時期の雪はすこし湿気
が多い。時折上から枝先の雪が降ってくる キノクニ ブレーキライン 1台分 ステンレス製 レガシィB4 BM9 KBS-015SS Kinokuni ブレーキホース【店頭受取対応商品】。 いつものブナの木を撮影して山頂へ向かう。 途中後続の方に追い抜かれる。
三角点付近から山頂までの間の稜線は積雪が多く膝上くらいある。この辺は雪が吹きあげてきて雪が溜まるのであろう。 その吹き溜まりを避けながら
歩いて行き、山頂に11:40到着 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:ゼスト(JE系 NA車 4WD)】WEDS レオニス CH パールブラックミラーカット 4.5Jx15Bluearth AE-01 165/50R15。先客様2名あり。 気温はプラス4℃、陽射しもあり暖かい。 山頂で昼食にすることにする。
  
ベンチの雪を払って座りのんびりと昼食タイム。 この頃山頂では他に4名の方も昼食中。 ゆっくり休んだ後、12:35下山開始。
今回も毎度のブナの木を撮影。 期待した石鎚山はボンヤリとかすかに見える程度。 綺麗な白い石鎚山を見たかったのですが残念。
その後竜神平方面へ向かい、小屋前に13:20到着。今日の竜神平は青空が広がりスッキリしている。 1名の方が休んでいる。
下りはアイゼンを除ける事にしてここでアイゼンを外す。 少し足が軽くなる。 13:30小屋前を出発して登って来たルートを下る。
      
下りは新雪の柔らかい雪がクッションになり歩き易くどんどん下って行く。 14:05駐車場へ下ってくる。
毎度同じコースを歩き、毎度同じブナの木を撮り変わり映えしない山歩ではあるけど、雪と戯れて雪景色を眺める時間は楽しいものである。

特に天気のいい日は気持ちいいです。 気分スッキリで雪道を帰って行く。

ビームス(BEAMS)SS300カーボン マフラー アドレスV 125 S[B321-08-000]

 

朝の登山道 新雪の散策路

 

 

 
吹き溜まりの雪道 暖かい山頂の様子

 

 

毎度のブナの木です 石鎚山がボンヤリと見えます
      
         

ホームページヘ 

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-69466