>  > 【送料無料】MZ SPEED(エムズスピード)ゼウス エアロGRACE LINE(グレースライン)(FRP製)塗装済みミラーカバーTOYOTA アルファード(GGH/ANH/ATH)G.X / HYBRID G.X MC後
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 仮面ライダービルド 第18話 「黄金のソルジャー」 | トップページ | キラキラ☆プリキュアアラモード 第48話 「さいごの戦い!世界まるごとレッツ・ラ・まぜまぜ!」 »

2018年1月20日 (土)

SPEED(エムズスピード)ゼウス アルファード(GGH/ANH/ATH)G.X / 【送料無料】MZ エアロGRACE 【送料無料】MZ HYBRID LINE(グレースライン)(FRP製)塗装済みミラーカバーTOYOTA G.X LINE(グレースライン)(FRP製)塗装済みミラーカバーTOYOTA MC後

こんばんは。    
今日はセーラームーンSSの感想です!      
今日は、フィッシュさんがついに出撃するという話。      
さすがに10話以上引っ張っただけあって、フィッシュさんかわいかった。      
北方さんを誘い込むやり方もやたら気合い入ってたし、べたないちゃつきっぷりも熱かった。      
初の男レムレスちゃんとの戦闘もなんかシュールで面白かったな。      
最近レムレスちゃん全然まともに戦ってないような気がする(笑)      
      
そんなセラムン。      
    
私はメルヘン。      
    
謎の妖精本に目がとまるちびうさ。      
    
萌え萌え妖精事典か。      
    
う「その本は買ってあげたんじゃないからね。うちに帰ったら、お金はちゃんと返してもらうからね!」      
      
とりあえず買ってあげるうさぎ。      
この手の画集って2000円くらいはすると思うんだけど、うさぎ意外とお金持ち歩いてるんだな。      
萌え萌え妖精事典ならブックオフで100円で売ってたけど。      
    
今で言うところの歩きスマホ。      
    
男「だいじょうぶ、かい?」      
      
激突する二人。      
ぶつかったのは、甘いマスクのお兄様。      
    
まさかの妖精図鑑の作者であった。      
服装も同じ。      
    
ち「やっぱりこの本の人ね!」      
      
食いつくちびうさ。      
    
ペ「やけに熱心だね。なにをみているんだい?」      
う「今日買った本だよ」      
      
時間変わって夜。本を読んでた所で、ペガサスから通信。      
    
ち「花の絵とか、妖精さんの絵がいっぱい載ってるんだ」      
ぺ「驚いたな。その花、僕たちが住んでる世界で咲いてる花に似てる」      
      
その花はこの世界の人は見られないはずなのに、作者は見たのかも知れないとペガサス クスコ タワーバー用BCS付マウントブラケット ランサー CM5A/CK4A 550-54B-AL CUSCO タワーバー用オプション【店頭受取対応商品】 【送料無料】 195/50R16 16インチ OZ X-LINE アドレナリーナ 6.5J 6.50-16 DUNLOP ダンロップ エナセーブ EC204 サマータイヤ ホイール4本セット。      
    
作者「僕の本を買ってくれたってことは、植物に興味あるのかな?」      
ち「ううん、妖精の絵が綺麗だったから」      
作者「妖精の絵が? そうかなんだか嬉しいな。僕の絵を妖精の絵だけでほめてくれたのは、キミが初めてだよ」      
      
初めてって、不評なのか妖精の絵(笑)      
タイトルFairyだし、どう考えても妖精メインの本だと思うのだが、世間的には植物の本という認識らしい。      
やはり萌え本は10年早かったか。      
    
作者「夢の中ではよく見るからね。でも恥ずかしがって、僕の前にはなかなか現れてくれないんだ」      
      
作者は実際に妖精は見たことないけど、よく夢の中では見るとのこと。      
    
ち「結婚するならやっぱり妖精みたいな女の人がいいの?」      
      
ゲス顔のちびうさ。      
こういう会話はちびうさじゃないとできないな。      
    
作者「そんな人が実際にいたら結婚しちゃうかも。なーんてね」      
      
だいぶ打ち解ける二人。      
せっかく仲良くなったんだから、本にサインくらいしてもらえば良かったのにな。      
それをまんだらげで売(ry      
    
ち「かわいい人なんだよ、北方さんって」      
ペ「そうだね、北方さんの夢の中は、きっときれいな花でいっぱいなんだろうね」      
      
この北方さんは、「ソープへ行け!」 とは言わなそうだな。      
      
一方三人組。      
      
今日は一人足りないな。      
      
ホ「思いっきりわがまま言っても許してくれる年上の女性、どこかにいませんかねえ」      
      
熟女好きなホークさん。      
      
タ「ちょっと、なにいってるのよ。女の子は若ければ若いほうがいいに決まってるでしょ」      
      
マモちゃんと気が合いそうなタイガーさん。      
      
ホ「大体若い女の子ってのは、お金持ってないでしょ?」      
      
いきなり真顔のタイガーさん。

。意外とシビアな人だった。      
      
フィ「この子かわいー」      
      
かわいいのは男だった。      
こういうのが好きなのか。もっとガチムチ系が好みかと思っていたが ミシュラン LATITUDE Sport 3 サマータイヤ 235/55R19 WEDS ウェッズ Kranze クレンツェ Weaval 100EVO ホイールセット 4本 19インチ 19 X 8 +35 5穴 114.3。      
      
だいぶ引いてる二人。      
      
タ「この子って前から怪しいと思ってたけど」      
ホ「やっぱりそうだったのね」      
      
確信する二人。      
      
ち「北方さーん。いつもこの森にいるって言うから、来てみたの」      
      
再び北方さんの所へやって来るちびうさ。      
今日こそサインもらうんだぞ。      
      
そうこうしているうちに、北方さんが妖精らしきものを目撃。      
バンシーか。      
      
北「こんな所に湖があるなんて…あ、あれは」      
      
森の奥にまで追いかけていくと、湖の畔に女の人が…!      
というか十番町って東京だと思うのだが、こんな広大な森と湖があるのか。      
奥多摩かと。      
      
北「キミは、一体…」      
女「うふ」      
      
微笑む謎の女性。      
なんだかかつてないほど神秘的なしちゅえーしょん。      
      
北「キミは、妖精なのか?」      
女「わたし、妖精に見える?」      
      
仲良く会話していると、      
      
女「うわ!」      
      
猫がいきなり足を舐め始める。      
いい感じに雰囲気が台無しに(笑)、      
      
ダ「何かしらこの人、なんだか美味しそうな匂いがする」      
      
猫にびびる謎の女性。結局そのまま消えてしまう。      
美味しそうな匂いって、やっぱり生臭いんだろうかこの女の人。      
しかしダイアナかわいいな。      
      
フィ「まったく、なんでこの世界には猫がいるのかしら。もし世界征服したら、一番に猫を皆殺しにしてやるんだから」      
      
猫はフィッシュさんくわえて逃げていくからな。      
しかしフィッシュさん、すごい体型だな。      
胸板が異様に厚い。 
      
ち「でね、北方さんはそれから毎日、森へ通い続けてるみたいなんだ」      
ダ「人相まですっかり変わってしまって、まるで別人です」 
レ「きっとその女の子にメロメロでやつれちゃってるのよ」      
      
冷めているレイさん。      
別人のように人相まで変わるって、精気でも吸い取られているのか。      
フィッシュさんはサキュバスか何かなのか。      
いや一応男だからインキュバスになるのか。      
      
ダ「たしかに人間の匂いはしませんでした。でもあれは妖精でもないと思います。なんだか、おさかなみたいな匂いがしたんです♪」      
      
う「わかった、魚の妖精さんだ!」      
ル「そんなのいると思う?」      
      
ダゴンとか…あれは神か。      
      
美「あら、北方さんって結構かっこいい人じゃない      
      
北方さんに食いつく女子達。      
      
う「えっなになに!?私にも見せて!」      
美「うさぎちゃんには」      
マ「マモルさんが」      
レ「いるでしょ」      
      
相変わらず雄一郎さんがしかとされている。また泣くぞ。      
レイさんと雄一郎さんって、以前は付き合ってるような雰囲気だったのになぁ。      
      
美「その妖凄が住んでるって森、北方さんと合わせて調べてみる必要があるわね!」      
二人「うんうん!」      
      
張り切る美奈子さん達。      
      
ムーンライト伝説を口ずさみながら、化粧をするフィッシュさん。      
フィッシュさん、妖怪人間ベムみたいな手をしてるんだな。      
手袋ってわけじゃないよな…?      
      
顔を赤らめる二人。      
なんだかんだでまんざらではないご様子。      
      
北「アハハハハ~待て待て~」      
      
じゃれ合う二人。      
北方さん、初めてじゃないんだからもうちょっと濡れてもいいような格好で来いよ(笑)      
      
北「本当に不思議な人だ。きみはやっぱり、妖精なんだよね」      
      
しかし特に人相変わってないように見えるのだが。      
      
フィ「さあ、どうかしら。私を捕まえたら、教えてあげてもいいわよ」      
      
ベタでいいなぁ。      
      
北「おとなしくしないと、ただじゃすまないぞ」      
フィ「まあこわーい」      
      
おしおきしようとする北方さん。      
なんだかエロい展開に。      
    
フィ「あなたの夢を教えて」      
北「そうだな。僕の夢は、この世界の植物の本当の姿を見つけ出すこと。でも今分かった、それは君と出会うことだったんだ!」      
      
鼻息の荒い北方さん。      
    
フィ「その夢、見てみたいわ」      
北「見せてあげるよ。実家の両親にもキミのこと話したんだ!オヤジはまだ早いんじゃないかって言ってたけど、僕は歳なんて関係ないと思うんだ。つまり・・・結婚…なんてねぇ」      
      
付き合うどころか相手が何者かも分からないのにもう結婚を考えている北方さん。      
レディジュエルペットばりに気が早いな。      
    
北「あっ」      
      
その時、花が折れてしまっているのを発見。      
    
フィ「いやだ、せっかくのドレスが」      
北「え?」      
フィ「早くクリーニングに出さなくっちゃ。ドレスがシミになっちゃう」      
      
しかしフィッシュさんは、花よりも自分のドレスの方に気を遣う。      
それを見て北方さんは憤りを隠せない。      
      
北「妖精みたいな人ってどんな人かな」      
ち「小さな生き物やお花と、お友達になれる人じゃないかなぁ」      
      
フィッシュさんは妖精ではなかった。      
悪い奴らは天使の顔して心で爪を研いでいるものだからな。      
俺もおまえも名も無い花を踏みつけられない男にならないと、ギャバン先輩に怒られるからな。         
          
北「どうやら僕は勘違いしていたようだ。一輪の花より、自分のドレスの方が大事なんて。君は妖精じゃないんだね。ごめん、ぼくはもう行くよ」          
         
いきなり淡泊になる北方さん。賢者モ(ry          
しかし、これはこれでひどいよなぁ。          
ほんとに好きなら諭すくらいのことすればいいのに、あっさり切り捨てるってな。          
結局北方さんは、自分の理想をフィッシュさんに当てはめて勝手にのぼせてただけで、フィッシュさん自身に惚れていたわけではないんだろうな。          
         
フィ「なによなによ、僕よりそんな花の方が大事だっていうのね、あなたどうかしてるわ!」         
         
怒って正体を現すフィッシュさん。         
         
フィ「うわぁ、すてきー」         
         
それで鏡を出して、約束通り夢を見せてもらうことに。         
自分を振った男の夢も素敵って言えるフィッシュさんって、心広いな。         
         
そこに現れる二人。         
         
フィ「いやだぁ、あなた達が例のカボチャね」         
         
タイガーさん仲間達にもカボチャって言いふらしてるのか(笑)         
         
綱「どうも、綱渡ろうです」         
         
フィッシュさんのレムレス綱渡ろう君。         
初の男レムレスは、なかなかの濃い男。         
         
月「どうして私が綱渡りしなくちゃいけないのよー」         
綱「果たしてこの綱の上で、僕に勝てるかな?」         
         
無理矢理綱渡りをさせられるムーン。         
綱の上で戦いとか、男塾みたいになってきた。         
         
綱「セーラームーン。これからキミはかつてない恐怖を体験するんだ。見ろ!僕は目隠しをしたぞ」         
         
さらに目隠しまでする渡ろう君。         
渡ろう君のポテンシャルが底知れない。         
         
曲芸で縄をゆらして、ムーンを怯えさせる渡ろう君。         
         
綱「どうだ、怖いか? 僕も怖いぞ! うおっ!」         
         
そこに謎のバラが!         
         
仮面「危ないことに女の子を巻き込むとは、男の風上にもおけぬ危ないヤツ!」         
         
仮面様登場。         
今回はマモちゃんでないのかと思っていた。         
         
落っこちたムーンをキャッチ。         
エッセ L235S サスペンションキット CAD CARSコラボモデル フロントオリジナルショック仕様 オプションリアスプリング:8.0k H135 シルクロード         
そしてペガサスを読んでトドメ。         
         
綱「ステージアウトー!」         
         
今回の戦い、綱渡りしただけ(笑)         
         
そして戦闘後。         
         
北「僕の妖精はどこに!?」         
         
目を覚ましてフィッシュさんを探す北方さん。         
自分で振っておいて「僕の妖精」ってずうずうしい(笑)         
         
マ「たぶん、夢でも見たんじゃないかな」         
北「いや、僕はたしかに見たんだ 。なぜか、綱渡りしている妖精や、鈴を鳴らしてペガサスを呼ぶ妖精を見たんだ!」         
         
だいぶ錯乱している北方さん。         
北方さんは、後にこの体験を元に三国志を執筆することになる(違         
         
その頃仲間達。         
         
美「おかしい、やっぱり道に迷ったみたい」         
         
一体どれだけ広大な森なんだ。         
         
亜「ねえ、やっぱりもう帰りましょうよ」         
三人「北方さーん、妖精はここにいますよー」         
         
すっかり道に迷ったところで、ほのぼのと終了っ!         
         
そして次回。         
         
次回は亜美さん回の様子。         
亜美さんがめずらしいことをやっているな。         
         
次の者はこの人か。         
         
夢の車にかける愛。         
なんだかいい放しそうなので期待ですな。         
         

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-81070